歯医者

歯科で口元美人になる秘密|誰もがやっている方法

方法に種類がある

看護師

有名なワイヤー矯正とは、まず歯にブラケットと呼ばれる金具を装着して、その間にワイヤーを通し、自分の歯を軸にしてワイヤーのちからを利用して歯を矯正していく技術です。ただし、このワイヤー矯正は他人から丸見えなのでワイヤーなどが見えて嫌だという患者もおおようですね。そこで、この金具を全く見えなくする方法として、歯の裏側(舌側)にブラケットを取り付けて底にワイヤーを通すやり方があります。歯の裏に金具をつけるので目立ちにくくなります。ただし、効果と時間がついてこないので、オススメはされていないようです。そして、今から詳しくご紹介していくのがインプラント技術をつかった方法です。まだまだ歯科医院では取り扱っている病院がすくないですが、今後増えていくでしょう。

インプラント矯正の説明の前にそもそもインプラントについて、知っていますか?インプラントは人口の歯を、すでに歯のない場所に埋め込み機能させる施術のことです。入れ歯?差し歯?このように捉えている人もいますが、正解とも間違えとも言いがたいですね。人口の歯を埋め込む方法という感じで覚えていて下さい。さて、矯正においては実際に人口の歯を入れるわけではありません。顎骨などにインプラント用のボルトなど埋め込み、それを支柱として歯を矯正していくようです。歯科医院でも最近ではこの矯正方法に着目しているようですね。しかし、何かとデメリットもあるので実際に治療を受ける際には歯科衛生士の説明をしっかりと聞いた上で判断しましょう。デメリットの事に関してはこの後、僕が聞いた限りの情報をご紹介します。まずはメリットからご紹介しますと。通常の施術(治療)ですと、圧倒的に時間の差が大きいでしょう。通常のワイヤーなどでしたら。もともとあった自分の歯を支柱とします。よって、狙ったように矯正していくことは無理なのです。その点をインプラントは克服していますので、治療も最短で行える他、歯科衛生士などへの負担も減らせることから、よりよい治療として効果が認められています。